• パワーフィックス大阪梅田店 スタッフ

iPhoneのボリュームボタンが凹んで押されっぱなし。iPhone6ボリュームボタン修理


iPhoneの外装はiPhone5以降でアルミ素材で出来ています。

ただし、iPhone5cは例外でアルミ素材では無くプラスチック素材を使用しています。

アルミとは、金属の中で軽く、そして柔らかく加工や変形させ易い特徴があります。

iPhone6やiPhone6 Plusでは本体が曲がりやすいと話題になったことも記憶に新しいですね。

この時の結論では無理に過度な力を加えない限り、通常に使用している限りは曲がることは無いとの見解がappleより出ていました。

ただ、iPhoneはモバイルデバイスです。普段から持ち運んで外で使うことが普通のデバイスなので、通常使用をしていても、ちょっとした事で過度な力がiPhoneにかかってしまうことがあります。

当たり前の事ですが、落下も同じで通常使用で起こる力や衝撃を超えて、過度な力がiPhoneにかかってしまいます。

ボリュームボタンが凹んでしまうとどうなる?

当たり所が悪いとボリュームボタンが凹んで押されっぱなしになってしまうことがあります。

こちらは、その様にiPhoneを落としてボリュームボタンの所が凹んでしまっています。

上の写真では分かりづらいので凹んでるところを拡大した写真です。それでも微妙に凹んでいるのがわかる程度では無いでしょうか?

ボーリュームボタンの「ー」が凹んでいるのですが、ちょっとした凹みでも不具合が出てしまいます。

不具合とは何もしていなくてもボリュームボタンが押されっぱなしになって画面にボリュームのレベル表示がずーっと表示され続けてしまいます。

こうなると、iPhoneの操作がままなりませんし、着信音や音楽、ゲームの音声なども出なくなってしまいます。

ボリュームボタンの修理

バッテリーやボリュームボタンのケーブルなどを外して専用の治具で凹みを直しました。

これでカチカッチっとボリュームボタンが押せる様になりました。

拡大しても凹んでいたのが分からないぐらいに綺麗に修理出来ました。

iPhone6ボリュームボタン修理は...

料金 5,800円

作業時間 40分程度

今回はケーブルなどの交換作業が必要なかったため、通常料金よりお安くなっています。

ご来店、ご利用ありがとうございました!

#ボリュームボタン修理 #iPhone6

403回の閲覧

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店