防水仕様になったiPhone7でも湿気や水に弱い。防水ではなく耐水なんです。

 

iPhone7から防水の機能が追加され、iPhoneでは初の機能で話題になりました。

 

しかし、この防水機能ですが、実は「耐水性能」なんです。

 

この聞きなれない「耐水性能」とはなんでしょうか?appleのサイトでは以下のように説明されています。

 

「iPhone 7とiPhone 7 Plusは防沫性能、耐水性能、防塵性能を備えており、実験室の管理された条件下でのテストにより、IEC規格60529にもとづくIP67等級に適合しています。防沫性能、耐水性能、防塵性能は永続的に維持されるものではなく、通常の使用によって耐性が低下する可能性があります。」

 

引用元:apple - iPhone7

 

IP67等級とは

ここで気になる「IP67等級」とは、なんでしょうか?

最初の数字「6」は防塵性能を表しています。

重要なのは最後の数字「7」で、これが防水性能を表しています。

「7」は「規定の圧力、時間で水中に没しても水が侵入しない」という意味で、テスト方法は「水深15cmから1mの間で30分間、水中に没して水が侵入しないか」です。

 

ちなみに、防水性能では「8」が最高で「水中で使用ができる」という意味で、テスト方法はメーカーに委ねられています。

 

iPhone7はお風呂場で使用できるの?

appleはテスト方法を公開していません。規格ではテストの際の水深は15cmでも1mでもOKになっています。

 

バスタブの深さは1mは無くとも15cm以上はあります。また、水温も常温では無く40度近くあります。

 

水深が深くなれば水圧も高くなり、水が侵入しやすくなり、水温が高くなると防水テープの性能は弱くなります。

 

また、バスタブの上から勢い良く水中に落下した場合は、IP67等級では保護出来ません。

 

これは、静止した状態で

 

このことを踏まえるとiPhone7は、お風呂場で使用することをオススメ出来ません。

 

耐水性能は劣化します

耐水性能は経年劣化によって劣化します。

 

 iPhone7のフロント液晶パネルとアルミフレームの間に貼ってある防水両面テープ

ホームボタンとフロント液晶パネルの間にあるシリコーン製パッキン 

 

 

iPhone7は耐水性を確保するために、防水両面テープやシリコーン製パッキンが使用されています。

 

この防水両面テープやシリコーン製パッキンは皮脂や油分によって、通常使用であっても劣化します。

 

また、落としたりしてiPhone7に衝撃が加わると、外装が変形することがあります。

その変形が僅かであっても耐水性能に影響があることがあります。

 

水に濡れたまま充電するのは厳禁

水に濡れたまま充電してしまうと故障の原因になります。

 

 

 

ライトニングコネクターは金属の端子が使われていて、金属は水に濡れると腐食(サビ)します。ただ、通常であれば直ぐに乾かせば問題ない程度ですが、電気が流れると腐食するスピードが段違いに早くなります。

 

腐食すると金属端子が脆くなり破損して充電が出来なくなったり、接触不良の原因にもなります。

 

またライトニングコネクターの中には8本の端子があり、充電用以外にもデータ同期用などがあります。これが水によってショートするとiPhone本体の故障の原因にもなります。

 

iPhone7が濡れていたら完全に乾燥するのを待ってから充電するようにしましょう。

ライトニングコネクターの形状上、水が抜け辛く、一見乾燥しているように見えても水が残っていることがありますので注意してください。

 

Please reload

Featured Posts

強化ガラスフィルムキャンペーン!

October 11, 2016

1/1
Please reload

Recent Posts
Please reload

クラウドタグ
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店