電源ボタン修理

電源ボタンが陥没、カチカチと手応えがあるのに反応しない症状も修理可能です

物理的に動くボタン類は長年使っていることで消耗し故障してしまうことがあります。iPhone5からiPhone7と世代を重ねるにつれて強度は上がっていますが、修理のご依頼件数は少なくありません。

また、落としてしまって当たりどころが悪くスリープボタンが凹んでしまうこともあります。

アクセシビリティで画面上にボタンを表示して応急処置が可能

物理ボタン類は「AssistiveTouch」の機能をオンにすることで、画面上に仮想ボタンを表示し物理ボタンの代わりになります。設定は「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「AssistiveTouch」をオンにします。しかし、強制再起動は物理ボタンが必要になりますので早めの修理がおすすめです。

故障の原因は落下など衝撃や経年劣化

iPhoneを落としてしまった時に、当たりどころが悪くスリープボタンが直接衝撃を受けると、凹んでしまうことがあります。その他に、防ぎようのない経年劣化や、自然故障です。

 iPhoneスリープボタン修理料金 

 iPadスリープボタン修理料金 

 iPod Touchスリープボタン修理料金 

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店