• パワーフィックス大阪梅田店 スタッフ

iPod nano6世代スリープボタンが陥没して押せなくなってしまいました。電源ボタン修理


こちらはipod nanoの6世代です。

iPod nanoの中でも一番小さく今でもファンの多い世代でもあります。

しかし、このiPod nano6世代はスリープボタンやボリュームキーが陥没して押せなくなってしまう症状が結構あります。

写真では解り難いかもしれませんが左のボリュームボタンより右側のスリープボタンが凹んでいるがわかると思います。

では早速修理して行きましょう。

ipod nano6世代も画面から外して行きます。画面からのびているタッチパネルのケーブルと液晶のケーブルがとても細く断線し易いので、この作業はとても気をつかう作業です。

あとは、バッテリーなどを外してスリープボタンを修理して元に戻せば修理完了です!

凹んで陥没していた電源ボタン(スリープボタン)がちゃんと押せる様になりました!

iPod nano電源ボタン修理(スリープボタン修理)は...

料金 6,800円

作業時間 1時間程度

で電源ボタンが押せないストレスから開放されました!

iPodの修理もパワーフィックス大阪梅田店にお任せ下さい!

本日はご来店有り難うございました。

#スリープボタン修理 #iPodnano6世代

282回の閲覧

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店