• パワーフィックス大阪梅田店 スタッフ

iPhone6s画面割れ修理。液晶交換方法。


どんな風にiPhone6sのガラス割れ修理をしているの?との疑問にお答えするべく修理方法を紹介いたします。

注意事項

ブログの内容は自己修理を推奨するものではありません。

ご自身で修理されて不具合が発生したとしても当ブログは責任を負いませんので自己責任にて行ってください。

ネジの種類は複数あります。間違えて取り付けるとトラブルの元です。必ず元の位置に取り付けるようにしましょう。

必要な工具

下記の工具が必要になります。

  • ドックネジ用の星形ドライバー

  • 精密プラスドライバー

  • ピンセット

  • ドライヤー

  • 吸盤

iPhone6sフロント液晶パネルの交換はこの5点の工具で修理が可能です。

当店では上記の工具以外に静電気対策のため静電対策用マットを使用して修理を行っています。

iPhone6sフロント液晶パネル交換

ライトニングコネクターの両脇にある星型のネジを2本外します。

ネジを外したらフロント液晶パネルを下側から吸盤を付けて開けます。上側に液晶のケーブルなどがありますので断線させないよう気をつけて、ゆっくり開けます。

フロント液晶パネルは周りに両面テープでシーリングがしてあり、iPhone6より外しにくいので薄いプラスチックのへらなどを使う場合もございます。

バッテリーを止めているカバーのネジ2本、液晶のケーブルを止めているカバーのネジを4本を外します。

最初にバッテリーのコネクターを外します。

次にインカメラ、液晶とタッチパネルのケーブル、ホームボタンと3Dタッチのケーブルの3本を外します。

iPhone6までは液晶とタッチパネルのケーブルは別々になっていましたが、iPhone6sから液晶とタッチパネルは1本のケーブルに纏められています。

イヤースピーカーとインカメラを止めているネジ3本を外します。

カバーを外す時は奥から手前に向かって外します。

カバーにテープが付いていますが、カバー側に残しておくと戻すときに楽です。

イヤースピーカーとインカメラケーブルを外します。インカメラケーブルは両面テープで貼られているのでドライヤーで温めると外しやすくなります。

液晶の裏に付いているプレートを外すため、8本のネジを外します。プレートに黒いテープが貼られているので剥がします。

プレートを外します。

ホームボタンのカバーを止めているネジ2本を外します。

カバーを外したらホームボタンのコネクターを矢印の方向に向かって外します。

ホームボタンケーブルは両面テープで貼られているので温めてから剥がします。断線し易いので注意して作業を行います。

あとは新しいパーツに逆の手順で戻せば修理完了です!

#iPhone6s #ガラス割れ

0回の閲覧

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店