• iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店

落としてスリープボタンが凹んでしまった。iPhone6スリープボタン修理


大阪市中央区よりお越しのお客様からiPhone6のスリープボタンが陥没してしまったとの事で修理のご依頼をいただきました。

写真では見づらいと思いますが、落とした時に当たり所が悪いと写真の様に凹んでスリープボタンが凹んで押しっぱなしになってしまう事があります。

スリープボタンが使えなくなるだけなら、まだいいのですが、この様に陥没して押しっぱなしになってしまうと、iPhoneの電源が入らなくなったり、使っていると突然電源が切れたりします。

スリープボタンは電源ボタンも兼ねているので当たり前と言えば当たり前ですね。

iPhone6スリープボタン修理

iPhoneの修理をするには、まず画面を外します。

いつもの様にライトニングコネクターの両隣にある星型のネジを外して、バッテリーを外して液晶やホームボタンのコネクターを外して画面を取ります。

スリープボタンは基板の右横にあります。

スリープボタン修理をするには基板が邪魔なので基板を外します。

スリープボタンはネジ2本で固定されているので外します。

スリープボタンを外してみるとアルミのバックプレート部分が凹んでいるのが分かるとおもいます。

この凹んでる部分がスリープボタンに引っかかってスリープボタンが陥没しているので、バックプレートのフレーム修正を行います。

フレーム修正が終わってスリープボタンを取り付けた所です。

1枚目の写真と見比べてみるとスリープボタンが出て来ているのが分かるとおもいます。

キズは残っていますがカチッカチッと押せる様になりました!

今回はスリープボタンの陥没でしたがボリュームボタンやマナーモードスイッチも同じ様に陥没する事があります。

その場合でも修理可能ですのでお気軽にご相談下さい。

当店ではiPhoneのガラス割れ修理以外にも色々な修理を行っています。

「こんな不具合は修理できるのかな?」と思ったら迷わずお電話下さい。

iPhone修理の専門スタッフが丁寧にお答え致します。

#iPhone6 #スリープボタン修理

0回の閲覧

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店