• パワーフィックス大阪梅田店 スタッフ

iPhone6 Plusのマナーモードスイッチが勝手に解除される。


iPhone6 Plusのマナーモードキーが勝手に解除される症状の修理をご紹介します。

まずは動画をみてください。

動画のように少しマナーモードキーを触っただけでマナーモードが解除されてしまったり、マナーモードに全くなら無い事があります。

何故、マナーモードキーが反応しなくなってしまうのでしょうか?

マナーモードキーの構造はとても単純で、ピンクの○のところと緑の○のところががスライドして接触することでオン/オフを切り替えています。

接点が接触した状態の時にマナーモードがオンになります。

そのため、この接点がサビや腐食で接触不良を起こすとマナーモードが勝手に解除される症状が発生します。

マナーモードキーの修理

画面を外してバッテリーのコネクターも外したら、

バッテリーの下側に出てる黒いタブを引っ張ってバッテリー本体を外します。

バッテリーが外せたら、ねじ止めされたボリュームボタンとマナーモードキーを外して新しいパーツに交換をして戻します。

外したバッテリーは新しい両面テープて取り付け直します。

あとは画面を戻したら修理完了です。

動画の様にしっかりとマナーモードが動作する様になりました!

マナーモードキーの故障で勝手にマナーモードが解除されてしまったら、会議や打ち合わせ、学校の授業中など着信音を鳴らせない場所や場面でとっても不便ですよね。

データも消えず修理が可能ですのでお気軽に当店にご相談ください。

大阪の梅田でiPhoneの修理をするなら、iPhone修理専門店のパワーフィックスにお任せください。

ご利用、ご来店ありがとうございました。

#iPhone6Plus #マナーモード修理

0回の閲覧

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店