• iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店

iPhoneでコピーしたテキストの書式を削除する簡単な方法。ショートカット編


iPhoneでホームページなどの書式が設定されているリッチテキストをメモアプリやEvernote、メールアプリなどにコピペすると、書式がついたままで貼り付いてしまいます。

そんなiPhoneのコピペですが、簡単にリッチテキストから書式を削除してプレーンテキストでコピペする方法があります。

まずは普通にホームページのテキストをメモアプリにコピペすると...

このように書式が残った状態になります。 メモなら自分が見るだけなのでそれほど気にならないかもしれませんが、メールで送信するとなるとちょっと不恰好ですよね。

このテキストの書式をiOS12からの新しい機能「ショートカット」アプリを使って簡単に削除することができます。

アプリがインストールされていない人は「ショートカット」をインストールしてください。

AppStoreで「ショートカット」と検索すると見つかると思います。

書式を削除するショートカットの作成

ショートカットアプリを開いて「ショートカットを作成」をタップします。

ショートカットの作成の画面になったら、まずは名前の変更をしておきます。

右上のアイコンから名前をタップして適当な名前を付けます。

今回は「プレーンテキスト」にしました。

これからが作成の本番です。と言っても、ものすごく簡単です。

検索窓に「クリップ」と入力すると、「クリップボードを取得」が表示されますのでタップして追加します。

検索窓に「テキスト」と入力して「テキスト」をタップします。

追加された「テキスト」の「テキストを入力...」部分をタップします。

マジック変数のアイコンをタップします。

「クリップボード」をタップします。

すると「テキストを入力...」部分に「クリップボード」が追加されます。

検索窓に「クリップ」と入力して「クリップボードにコピー」をタップします。

「クリップボードにコピー」が追加されます。

以上でショートカットの作成完了です。

使い方

適当なホームページからテキストを選択して「ショートカット」アプリの「プレーンテキスト」をタップします。

これでコピーしたテキストの書式は削除されました。

あとは好きな所にペーストしたらプレーンテキストが貼り付けされます。

作成した「ショートカット」はホーム画面に置くこともできますし、ウィジェットとしても使うことが可能です。

また、siriに登録して音声で起動させることも可能です。

#ショートカット #リッチテキスト

10,738回の閲覧

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店