• パワーフィックス大阪梅田店 スタッフ

Macの無料アプリでiPhoneのバッテリーの状態を確認する方法


iPhoneアプリとしてバッテリーの状態が確認できるアプリがリリースされていましたが、iOS10で使用できなっかったり、App Storeから軒並みリジェクトされてiPhoneアプリとして入手が困難になりました。

そこで、MacからiPhoneのバッテリーの状態を確認する方法をご紹介いたします。

iPhoneのバッテリー状態を確認するMacアプリは「coconutBattery」を使用します。

まずは「coconutBattery」をダウンロードします。

coconutBatteryのサイトを開いて右上の「DOWNLOAD」をクリックします。

お使いのOSに合ったバージョンをダウンロードします。

ダウンロードした「coconutBattery」を開きます。

「coconutBattery」を開くと、Macのバッテリー状態が表示されます。

ここではMacの状態の見方は割愛します。

iPhoneの状態を見るには、右上の「iOS Device」をクリックします。

iPhoneがMacに接続されていないと、上の表示になりますので、iPhoneをMac繋げて矢印の「refresh」のボタンをクリックします。

refreshするとiPhoneの情報が表示されます。

上から、下記の情報が表示されます。

・デバイスの機種(デバイス名)

・モデル名

・製造年月日

・iOSバージョン

・ストレージ使用容量

「Device details...」をクリックすると、上の情報の他に下記の内容を見ることができます。

Age

製造日から何日経過したかを表示しています。

Serial

本体のシリアル番号を表示しています。

Phone Number

iPhoneにセットされているSIMカードの電話番号を表示しています。

Processor

iPhoneのCPU名を表示しています。

下半分がバッテリーの状態を表示しています。

Current charge

今、現在のバッテリーの充電容量がmAhで表示されています。

Maximum charge

バッテリーが満充電の際にどれだけの容量が有るかを表示しています。

iPhoneのバッテリーには制御用のICが内蔵され、バッテリーから出力されている電圧などから容量を計算しています。バッテリーが劣化してくると、この数値が小さくなります。

上側の進捗バー(4.1%)

何パーセント充電されているかを表示しています。

iPhone側の表示とズレる場合がありますが、理由はわかりません。

Design capacity

バッテリーの設計上の満充電時の容量を表示しています。

これがカタログ値です。

下側の進捗バー(100%)

健康度を表示しています。

「Maximum charge」と「Design capacity」から計算されています。

これが80%を切るとバッテリーの交換をオススメします。

Loadcycles

充電回数を表示しています。

1回の充電を1回としてカウントされるわけではなく、0%から100%まで充電されると1回としてカウントします。

例えば、20%残っている状態で100%まで充電すると、0.8回とカウントされ、さらに80%残っている状態から100%まで充電すると0.2回となり、合わせて1回がカウントされます。

Temperature

バッテリーの温度を表示しています。

State

充電の状態を表示しています。

今の表示ですと、1.4ワットでバッテリーに充電されている状態です。

iPhoneの状態により、充電を動的に制御されています。

#バッテリー

70回の閲覧

© 2016 by Powerfix

iPhone修理専門店パワーフィックス大阪梅田店